今月の苺畑

雛祭りに苺大福

もう少しで雛祭りですね。

S_3917834908540

雛祭りにはいちごがぴったり。

お雛祭りのパーティに

苺大福はどうでしょう?

50D2016_02_160422-3

ブルームの苺大福

予約が必要ですが

ブルームの農場でお求めいただけます。

電話番号

0155-30-4970

十勝小豆をつかった

程良い甘さのあんこの大福と

苺の組み合わせ。

詳しくはスタッフにお問い合わせください。

(完売の場合がございます。)

/ 02
2016

2月の苺

北海道の最も寒い季節2月です。

そとは雪景色。

十勝の大地はシバレに閉ざされています。

50D2016_02_160370-2

2月の苺たちです。

寒いこの季節の苺たちは

ゆっくり・・・ゆっくり 育ちます。

50D2016_02_160381-2

赤く、赤くなるのを待ちながらの収穫。

夏の強い日差しと違って

日照時間も短い

この冬の苺は

時間をかけて色づき、甘くなります。

日数をかけて育つ

ふゆの苺

1年のなかでもっとも

皆様に食べていただきたい。

ブルームの自慢の苺です。

50D2016_02_160398-2

どんどん花があがっています。

白くかわいらしい苺の花です。

一番花は実をつけて

どんどん膨らんでいきます。

はやく

赤くな~れ。

おっとと・・

ゆっくり赤くなるからこそ

甘く、おいしい苺になるのでした。

50D2016_02_160411-2

出荷を待つ

粒よりの苺です。

丁寧に

迅速に

選ばれた苺。

みなさまにお届けします。

50D2016_02_160386-2

収穫とともに大切な仕事。

葉カキです。

通常、北海道では

苺苗は冬を越しません

ハウス栽培で一年を通して

苺の収穫をしているブルーム。

社長は

「みんなの葉カキのおかげだよ」

っとおっしゃってくれます。

従業員の励みとなる

お言葉です。

.

.

.

zaki

追伸

50D2016_02_160422-3

音更町ふるさと納税の謝礼品が

再開しました。

http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/01631

50D2016_02_160435-2

こんなふうに

苺と大福を箱につめてお渡しいたします。

10個入り

一般購入は5個詰めです。

大福の数より苺が多め

お得ですね!

大福にご自身で切り込みを入れ

苺を乗せて

お召し上がりください

/ 02
2016

デビューを待つ赤ちゃん

2014年も残りひと月を切りましたね。

十勝は今日、ようやく雪らしい雪が降り積もりました。

 

ここ最近のブルームは、

秋の定植や、ビニールハウスの冬じたくを終え、

これから始まる新しいシーズンに向けて準備を整えていました。

 

ブルームの苺は秋に新しく株を植え替えます。

今年は7棟のハウスで植え替えがあり、

苗から育てた子どもの株、「ベビー」を定植しました。

ベビーの株

今年定植した「ベビー」

 

一方、ハウスの冬じたく。

夏の間は壁と屋根のビニールが一層だったブルームのハウスは、

この時期、保温力を高めるため、三層構造になります。

 

冬じたくで現れたこの“二枚目”と“三枚目”。

天井が増えた分、日光を遮らないように、

こうやってきれいに洗っています。

天井が三層になっています。

上から二枚目、三枚目の天井を洗っています。

天井のブラシがけ

天井の清掃"

ちなみに、奥の彼がうちの“二枚目”、手前が“三枚目”です。

 

日が落ちるのも早くなり、苺に当たる日光はこの時期貴重です。

こうして気温、日射量の低下に手を打ち、

一年を通じて収穫できる状態を保っています。

 

実り始めたベビー

9月に定植したベビーも、今は花が咲き実がつき始めています。

クリスマスを迎える頃、

この苺たちはあちこちのケーキを彩るのでしょうか。

 

十勝の寒さに耐え、

冬の太陽エネルギーをぐっと蓄え、

デビューの時を待つベビーです。

 

野原

/ 12
2014

“選果”ならぬ“戦果”⁉︎

例年、梅雨がない十勝ですが、

6月はスッキリしない天気が続き、

今年は「蝦夷梅雨」なんて言われています。

 

でも実は、苺にとっては昼に暑くなり過ぎず夜が涼しい気温はちょうどいいようです。

それもあってか、収穫量は昨年同時期より多く、

単月の量が過去最高を記録しそうです!

 

と、いうことはつまり!

苺のサイズや等級を分ける「選果」の量も膨大ということですね!!

積み上がったばんじゅう

冷蔵庫には苺が入った「ばんじゅう」がどぉーーんっと積み上がっております。

ここから苺を選果して、シートやパックに並べていきます。

 

ブルームでは 高い品質で苺がお客様に届くよう、一粒ひと粒、手と目で確かめています。

手の残像が写っていますね!

選果風景

シートを箱に詰めてバンドします。

 

積み上がった箱

箱もどぉーーんと積んでありますが、一日の発送ですぐ無くなってしまいます。

 

大量の苺と格闘する様子は“選果”ならぬ“戦果”といった感じですが、

恵まれた天候と、待ってくださるお客様に感謝しながら、毎日発送しております!!

「ありがとう感謝します」

野原でした。

/ 06
2014

春はあけぼの。花にはたらきもの。

十勝も雪がとけて、ようやく春めいてきました。

桜の花はもうすぐ咲く頃でしょうか?

 

花といえば、

ブルームの苺の花にはミツバチが飛び回っています。

 

このミツバチのおかげで受粉が進み、苺が実るんですね。

小さいのに働き者です!

苺の花にとまるミツバチ

 

昨秋に定植した株も、休まず実をつけています。

これから暖かくなるにつれて

どんどん収穫量が増えていきますよ!!

毎日収穫される苺

 

現在の糖度は12~14度

これは道内産のメロンと同じくらいの甘さらしいです。

 

今年の春夏はどれほど苺が獲れるでしょうか?

いまから楽しみです!

ブルームの野原でした。

/ 04
2014

2 / 3123
(function($){ // foo })(jQuery);